motiONE

自治体さまのワンストップ特例業務をもっと効率的に
~ワンストップ特例の申請受付から住所地への通知書作成~

One Stop Exemption
Management System

motiONE<モーション>では、LedgHOME<レジホーム>と連携し、
ワンストップ特例通知書の受付から
寄附者住所地の自治体への通知書を作成できる
マイナンバーの取り扱いも可能な
LGWAN対応のシステムです。

motiONE使用イメージ1 motiONE使用イメージ2
motiONE

motiONE<モーション>は、ワンストップ特例通知書の作成に特化したブラウザで操作するシステムで、総合行政ネットワークLGWANでご利用いただけます。

ふるさと納税管理システム「LedgHOME<レジホーム>」「LedgHOME Cloud<レジホーム・クラウド>と連携し、寄附者の個人番号やお住いなどから名寄せを行い、eLTAXへ登録するCSVデータを出力することができます。

motiONE使用イメージ3
イメージ

LGWAN

総合行政ネットワーク LGWAN接続系を用いることで日頃ご利用いただいているPCでもそのままご利用いただくことができ、かつセキュアな環境となります。

スマホで添付書類を提出

寄附者さまは、今まではマイナンバーカードなどをコンビニでコピーするなどの手間がかかりました。motiONEでは、スマホで写真を送るだけ!

※ オプション(無料)

イメージ
イメージ

マイナンバー入力激減

寄附者さまがマイナンバーを入力して送信してくれるため、あのマイナンバー入力作業が減少!入力時のチェックデジット検査はもちろん実装!

LedgHOME 連携

全国寄附総額の50%以上を管理するふるさと納税管理システム「LedgHOME<レジホーム>」と連携。最新のデータを連携することができます。

イメージ

4割の業務負荷DOWN

イメージ

先行して導入している自治体のWEB申請率は40%超(2020年6月末時点)

マイナンバーは寄附者さまが既に入力済み(チェックデジット検査済み)のため、自治体側で一番センシティブなマイナンバー入力作業が不要!!

マイナンバー入力作業の4割削減が期待できます!

ワークフロー

イメージ
  1. 1. LedgHOMEからワンストップ特例申請書を出力する際、新たにQRコードを印字した書類も出力し、寄附者さまへ送付します。
  2. 2. 寄附者さまはQRコードをスマートフォンで読み取り、ブラウザで申請画面へアクセスします。この申請画面へQRコードを経由せずにアクセスした場合、寄附情報が表示されることはありません。
  3. 3. 寄附者さまはアクセスした申請画面で、個人番号確認書類と本人確認書類の写真を送信します。この際、送信される写真データはインターネット側へは保存されず、LGWAN側よりアクセスが可能な非公開ネットワークに保存されます。
  4. 4. 自治体のご担当者は、LGWAN系端末でmotiONEの管理画面へアクセスし、通知書CSVを出力することができます。
    なお、名寄せは個人番号を含む各種情報から自動名寄されますが、手動で名寄せを変更することも可能です。
イメージ

価格

※ すべて税抜き価格となります。

この費用はふるさと納税の経費5割問題には含まれません。

イメージ

持続可能な開発目標 SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省: JAPAN SDGs Action Platform

イメージ

motiONE<モーション>の導入により、個人番号確認書類と本人確認書類のコピーなどの削減でペーパーレス化を推進し、地球の環境保全に務めることで持続可能な社会への実現に繋がります。

イメージ

motiONE<モーション>は、シフトプラス株式会社の総合行政プラットフォームLGSTA<レジスタ>に搭載されるアプリ(APP)の1つです。
LGSTAは、行政の情報化を推進し、情報公開のスピードアップを図るとともに、組織・事務の簡略化・効率化を目指し、自治体全体の最適化を支援するためのプラットフォームです。プラットフォームは標準機能に過ぎず、各種APPを追加することで容易に機能拡張が可能です。

イメージ

そのほか、工事台帳APP、議事録作成APP、保育施設報告書APP、ペーパーレス会議APPなどのほか、公文書管理(紙媒体保管サービス付き)APPなども開発中・開発検討中です。